ABOUT | Gueneu

ABOUT

Gueneuは西アフリカのセネガルからインスピレーションを受けた商品を制作しています。

私とセネガルの繋がり、その始まりは1冊の本でした。
その本は、7歳で伝統のもとに女性器切除を受け、13歳で見知らぬ男性と強制的に結婚することになったセネガル人女性が、女性の人権を勝ち取るため闘う物語を描いた実話です。

衝撃的な内容とともに感じる、著者の祖国セネガルへの愛情。
悲しさと喜びの入り交ざったセネガルという国はどういう国なのか。
興味をもった私は、セネガルへ旅立ちました。

セネガルは、エネルギーに溢れた明るい国です。
道を歩けばすぐに友だちができ、人と人との深い繋がりを感じることができます。
私はセネガルという国が大好きになりました。

しかしながら、女性への暴力が消えたわけではありません。
著者のキャディさんのもとには、今も暴力を受けた女性たちが逃げ込んできます。

また、多くの人が仕事を見つけることが難しく、あり余るエネルギーが発揮されていないのも事実です。

Gueneu(ゲヌ)とはセネガルの言葉で『出口』を意味します。
このブランドは、人々に出口を作ることを目指しています。

セネガルの首都ダカールから車で1時間半離れたティエスという町では、キャディさんが女性たちのための避難所の建設を進めています。

Gueneuの目標は、避難所の建設費用の一部を担うとともに、避難してくる女性たちの職業訓練として商品の裁縫と細工を活用し、女性たちが避難所を出て自立していくための出口を作ることです。
2020年ブランドとしての土台を作り、2021年避難所の完成、2022年に女性たちの受け入れ実現を目指します。

また、避難所の女性のみにとどまらず、制作に関わる人が、生き生きと豊かな生活を送れるようになるための出口を作りたい。
Gueneuの商品制作には、多くの日本人、セネガル人が関わります。様々な関わり方を通して、人々のエネルギーや隠れた才能が発揮される、そんな出口を作りたい。

そして、着る人、使う人が新しい自分を発見し、自分の殻を破っていけるような出口を作りたい。
アフリカ布を使った商品は、新しい楽しみと発見を私たちに与えてくれます。

可愛らしい服と雑貨とインテリアから、たくさんの夢がスタートします。

2020年4月 Gueneu

Gueneu